前を向いたら急に風が強くなる

守備範囲広め くそDDジャニオタの戯言です

ジャニオタの就活体験談

 

 

始めに言っておきます。

 

私は特殊な例だと思います。参考になる部分はあんまり無いと思います。

こういうパターンもあるんだなーぐらいで読んでください。

 

 

 

先日、無事就活終了しました。

 

ありがたいことにかなり早い段階で決まったので、そこからは新しい選考は受けず、ES地獄とかもあまり経験して無いですし、ストレスで痩せたりとかもしませんでした。

 

正直第一志望ではなかったです。でも、社風が自分の性格に合ってると思っています。

 

 

冒頭で、私は特殊だとお話ししましたが、何が特殊かというと、私は

 

ゴリゴリの理系です。

 

その学科、女子いるの?っていうレベルです。

あんまり詳しく書くと確実に身バレします…

 

文系のみなさん、また総合職や営業希望のみなさん、この話はほぼ参考になりませんよ〜笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい!たくさん忠告をしたのにここまで読んでくださってありがとうございます!

ここからはちゃんと私の就活体験談を書きます。

 

 

 

 

 

 

その前に。

 

そもそもどこから就活っていうの?インターン??就活情報サイトに登録した時??就職どうしよっかなーって思い始めた時??

 

 

私は今だに明確には答えられないです。

基準がわかんない…

 

でも面接で聞かれることがあります。ちゃんと答えられるようにしておいた方がいいです(笑)

 

 

 

ってことでインターンに参加した時を最初としましょう。

 

 

 

初めてのインターンは、多分大学2年の夏です。あんまり記憶はないです。確か1dayインターンという名の説明会にいくつか参加しました。

 

そもそも会社を選ぶ時って、絶対に「比較」しなければ何も始まらないと思うんです。

比較するには比較対象が必要だし、そのためにはある程度知っている企業がないと選べない、と思います。

今どきHPとか就活情報サイトである程度知ることもできますが、実際の社員の方の話っていうのは結構参考になります。

 

私の場合、福利厚生や給料も大事だとは思うのですがそれよりも企業や社員の方の雰囲気を重視していました。

自分はこの人みたいになれるのか、自分はこの人と一緒に働けると思うか、この社風に馴染めるか、そんな感じのことを想像するようにしました。絶対無理だ、と思ったらその企業は却下または後回し。基本的に直感です。

 

 

インターンのいいところって社風や社員の方の雰囲気を知ることができる部分だと思います。

別に行かなくてもなんとかなったよ〜っていう人もいますが、私はなんでもいいから行ってみたほうがいいと思います。(大学選びでも、オープンキャンパスに参加しまくりました。)

全く興味がない分野のインターンとかもある意味面白いと思います。

 

ちなみに私は最初、テレビ系で就活を進めていましたが、なんとなく参加した興味がない職種のインターンをきっかけに、最終的にはその職種で就活を進めました。

半年前の私だったら絶対に選んでない職種です。人生何があるかわからない。

 

 

 

わたし実は、いろいろご縁があって、世界中の人が知っているような某超有名企業の選考を受けさせていただける事になっていました。しかし、通るはずだった書類とWEBテストでまさかのお祈り。


 原因は、インターンに参加していない事とWEBテストの結果だそうです。

 

インターンに参加していれば通ったかもしれないし、WEBテストをもっと本気でやれば通ったかもしれない。結構後悔してます。

まぁ、超超超有名企業なので、インターンも学歴フィルターで即落ちてたと思いますが、エントリーしたってことだけでも記録しておけばよかったです。インターン大事。ダメ元でエントリーするのもいいと思います。何度も言いますが、人生何があるかわからない。

 

あと、WEBテストは1人で受けるもんじゃないです。自宅でやったWEBテスト、全部落ちました。みんなでやろうWEBテスト

 (ちなみに私はテストセンターは1回しか受けてないです。それは通った。)

 

 

 

 

 

  • ESや面接でジャニオタであることを公言したか

 

 

ESには結局書きませんでした。

よく、趣味なんてねぇよ!コンサートとか舞台しかねぇよ!という声を聞きますが、私の場合はテレビの観覧に時々行くので、それを書きました。あとは音楽鑑賞とか…

そうすると、食いつくとしたら観覧ですよね。面接官のおじさんたちはそんなもの絶対行ったことないですし。

ミーハーなんです〜とか、東京だから出来ることですよね〜とか、そんなことを言ったと思います。

でも実際はそこについて掘り下げて聞かれる面接はほぼありませんでした。

(でも関東勤務希望の理由にはしました)

 

 

面接では、旅行の話になってしまったことが1度あって、ジャニフワ博多座のことを旅行テイストで話したつもりだったんですが、その時に「…それって遠征ってやつですか?」と聞かれたので「そうです(笑)」って答えたら落ちました(笑)

まぁでもそれが原因だとはあまり思ってません。

 

あとは私の場合、ジャニオタであることを言ったほうが楽に話が進みそうな時は普通に言いました。ただ、「嵐が好きです」という話しかしていません。ジュニアについては一度も言いませんでした。(こういう時に嵐って便利。)

 

なぜかというと、嵐ってほとんどの人が知ってて、説明不要だからです。ジュニアが好きっていうと、一から説明しなきゃいけないじゃないですか。その時間が勿体無いと思うんです。面接ってもっと伝えたいことが沢山あるし、自分のことを知ってもらうための時間だから自分の話に時間をかけたかった。その点、「嵐が好きです」というとそこから話を広げられることはほぼ無かったし、あぁ〜そうなんですね〜で大体終わりました。

面接でジャニオタを公言して落とされたのは、遠征の話をした一社だけだと思います。

 

 

ある面接でジャニオタであることを話したら、「社会人になったら辛いことや大変なことが沢山あるから、息抜きできる趣味がないと仕事なんてやっていけないし、いいと思うよ」的なことを言われました。

なので、ある程度息抜きできる趣味があることは積極的に言ったほうがいいと私は思います。

遠征っていうのはちょっとアクティブすぎたのかもしれません…

 

 

 

 

  • 何社ぐらい受けたか

 

 

覚えてないっす(笑)

すみません手帳確認します。

 

 インターンはめちゃめちゃ行きました。

でもほとんど1dayか2dayです。1週間ぐらいのやつも参加してみたかった。

 

1社、インターンに参加したら一次面接が免除になったところがありました。

そんなに志望度は高くなかったのですが、折角なので受けたのですが、結果は最終面接で落とされました。正直いけると思ってたのでちょっとショックでした。

 

 

インターンが影響した選考はそれだけです。あとは全部、3月の採用活動解禁のあとに説明会に参加して選考に進んだというパターンです。

 

 

 

まず私のエントリーの基準は、選考が早いところでした。

受けられると思っていた某有名企業の面接対策のために数をこなそうと思っていたので、3月中に面接ができそうな企業を中心にエントリー。

エントリー後に選考がまだ先だとわかった場合は説明会すら参加してません。

 

説明会に参加した企業は10社ぐらいです。

説明会後に選考を受けた会社は7社です。

(すみませんこれしか受けてないです。)

 

選考結果は、筆記で落ちた、一次面接で落ちた、一次面接後に選考を辞退した、最終面接後のWEBテストで落とされたという感じでどんどん消えていきました。

 

 

ちなみに説明会に参加したけど選考を受けなかったのは、WEBテストやり忘れ、なんとなく違うと思って辞退した、選考が先すぎてやめたって感じです。カスじゃん(笑)

 

 

説明会も選考もほとんどが3月中の出来事なので、1日に説明会と選考が2件ぐらいあるのは割とザラでした。でも2週間ぐらいです。そんなに辛くはありませんでした。

私は完全に短期集中型なので、このやり方は結果的に私に合う就活スタイルだったと思っています。この頃の生活が何ヶ月も続いてたら死んでたと思います。

 

 

この頃一番辛かったのはなんだろう…って考えたんですが、正直あんまり記憶に無いです。(嫌なことは記憶から消去するタイプ)

まぁでも私はかなり遅刻常習犯なので、ESとかの締め切りがたくさんあったのが一番ストレスだったかな、と思います。

私はかなりポジティブな方だと思うのですが、あれやらなきゃ、これやらなきゃ、みたいな常に何かに追われている生活は、心がジワジワ侵食されている感じでした。何かやっていても頭のどこかでESや面接対策のことを考えていて、何もかも忘れて楽しむ!!!みたいなことはできなかったです。

 

ちょうどその期間に横アリのジュニア祭りに行きましたが、全力で楽しめたって感じではなかったと思います。

めちゃめちゃ楽しかったんですけど、でもなんかちょっとモヤモヤする感じでした。

 

 

逆に、たまアリの時はもう内々定をいただいていたので、たまアリはめっっっっっっちゃ楽しかったです(笑)

心の余裕ってこうやってなくなっていくんだなって思いました。

みなさん気をつけて。

 

 

 

 

  • スーツやオフィスカジュアルについて

 

 

まずリクルートスーツですが、私は1着で終わらせました。説明会はパンツ、面接はスカートでっていうパターンが多かったです。

 

私は現在、アパレル関係のアルバイトをしています。そんな私からいくつかアドバイスをしたいと思います。

 

まず、大学の入学式で買ったそのスーツ、サイズはあってますか?体型変わったりしていませんか?

3年で体型変わることって、結構ありません?ちょっと気になる場合はスーツ新調したほうがいいと思います。

それサイズあってる?っていう人時々見ます。見た目にお金かけるのも大事じゃないかなぁ…

 

入学式で買ったやつは予備、新調した方は大事な時に使う、って感じで使い分けるのがおすすめです。

私はリクルートスーツは1着で済ませましたが、それは大学2年で新しいバイトを始めるために買ったやつです。受けた会社も少なかったですし、スカートとパンツを使い分けたので1着で済んだと思います。

 

 

次。私服オッケーについて。

インターンの段階では私服オッケーまたは私服で来てくださいのパターン、結構ありました。

私が行ったインターンだと、そういう時に黒無地のリクルートスーツ着てた人は少数派で浮いてました。私服の方がいいよ。

3月過ぎると、説明会だとほとんどの人がリクルートスーツになります。でも中のブラウスが、それ入学式用に買ったやつだろみたいなフリフリのやつだったり濃紺のスーツだったりする人もいます。

私も、普段バイトで着てる紺とかグレーのスーツで行ったり、ブラウスじゃなくてカットソーで行ったりしました。

 

ちょっと浮いちゃった時もありましたが、「印象に残るじゃん!」とポジティブに捉えましょう。周りの学生にどう思われようが、採用する側に印象を残す方が重要です。

 

 

次。オフィスカジュアルについて。

これはねー私の場合はバイト先の服を着ておけば大体オフィスカジュアルになるから本当に困らなかった!!!むしろ得意分野だわ!!!って感じです。

まぁ私の持論は、ガウチョかワイドパンツでローヒールのパンプスにシフォン生地のトップス合わせて上からカーディガンでも着ればなんとかなる!!!ww

そんなに難しいことはないよ!!

不安だったらスーツ売ってるお店とか行って店員さんに相談してみてください。たぶん相談に乗ってくれると思います。

 

 

 

 

  •  ジャニオタとしての就活の乗りきり方

 

 

よく、受験の時この曲を聴いて元気が出ました!とかこの曲で就活乗り切りました!というのを聞くのですが、私はそういう曲を作らないようにしています。

なぜなら、曲を聞くたびに思い出すから。その曲に嫌な思い出を刷り込みたくないから。

 

これは自分の体験を元にしています。

高校受験の時にファイトソングとサクラ咲ケを聞きまくりました。そのお陰で、この2曲には高校受験の嫌な思い出が刷り込まれてしまいました。聞くたびに受験を思い出すのでなるべく聞かないようにしています…

 

 なので就活の時期に特定の曲に思い入れはありません。強いていうならアップテンポの曲を聞くようにしていたかなぁ。バラードなんて聞いてたらテンション下がってやってらんなくなる!!

 

 

現場を控えたりとかは特にしていないです。

3月から内々定を頂いた企業に承諾書を提出するまで期間でいうと、ジュニア祭りは、横アリ2公演、たまアリ全ステしました。他には滝沢歌舞伎に1回行きました。それぐらいかな?

 

あ、あと、死ぬほどクリエの当日券に並びました(笑)

クリエ当日券の話もきちんと記録に残したいと思うので、いつか記事書きます。

 

 

たまアリ全ステの次の日に面接あったんですけど、特に気にしなかったです笑

私はどっちかっていうと浮所くんタイプなので、面接の直前にパンフレットとかHP見まくって面接対策してました。

 

 

 

就活においてジャニーズに一番お世話になったのはスマホの待ち受けです。

それまでずっとiPhoneにもともと入ってる画像を待ち受けにしてたんですが、ちょっとメンタルやられかけたときに待ち受けを推しのコラージュ画像にしたんですよ。

そしたらこれが効果抜群で。

 

面接前に緊張してやばい時、そっと待ち受けを見ます。

自担が楽しそうに笑ってます。

可愛い。はい可愛い。

おっしゃ!!頑張ろ!!!

 

ってなります。\(^ω^)/

スマホの電源早く切れよとかいうツッコミはいりません笑)

 

これほんと効くのでオススメです。緊張していた気持ちがスーッと楽になります。一瞬で気持ちリセットできます。

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、というわけで文才ないのに(理系なんでね!!!!!)こんなに長々と失礼しました。

ここまで読んでくださってありがとうございます。少しでも参考になればと思います。

 

 

 

 

 

さぁ夏がオタクを待っている!!!!!